読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

history

私の音楽史(5):中学生それは覚醒の時 -CITY POP編-

思い起こせば、自らの意思で音楽をそれこそ「浴びる」様に「貪る」様に聴き始めたのは中学生の頃なのであった。それ以前は、父親・母親ともに音楽好きなこともあり、我が家では「グラムロック*1」だの、「テクノ*2」だの、「プログレ」だの、「フュージョン…

私の音楽史(4):Lo-Fiそれは持続低音

シリーズ私の音楽史、第四弾は「4AD」で行く予定だったのだが、何故か急遽気分が Lo-Fi になってしまったので気の向くままに予定変更。ところで、Lo-Fi といっても、それこそキャロライナー・レインボーみたいな「衝動準拠直滑降」なハチャメチャなものから…

私の音楽史(3):ベース弾きの神様

シリーズ振り返れ私の半生(?)ということで始めた私の音楽史。その第三弾は、趣味のベース弾きである当方が、甚く影響を受けたベーシスト達について語ってみたい。思い返すと、私が趣味のベース弾き街道に足を踏み入れたのは、忘れもしない高校一年の秋:…

私の音楽史(2):ネオアコ聖地 グラスゴー編

第二回は、ネオアコ聖地:グラスゴーの素晴らしき名盤達と共に「我が身」を振り返ることに。これらの名盤達は昨日は敢えて取り上げなかったのだが、それはグラスゴーが僕にとってあまりにも特別な場所だから。残念ながら、僕はポストカードのドラム猫ちゃん…

私の音楽史(1):90年代初頭 UKネオアコ編

もう暫くで人生の「分水嶺」ともいうべき年齢:35歳を迎えるにあたり、自分の聴いてきた愛すべき音楽達を一度総括的に評価してまとめてみよう、という気持ちが「ふっと」心の底から湧き上がってきた。ということで、35歳を迎える11月に向けて、自分を形成す…