日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

音が「鳴る場所」

昨晩は、馴染みのお店 三宿 ITO でユルユル酒を飲む。この店は、はっぴいえんど(細野さんのソロ、ティンパン関連含む)等がとても馴染むお店で、かなりお気に入りなのですが、昨晩の店内では Jack Johnson / On And On が流れていて、店の雰囲気というか音響的なアンビエンスに非常にマッチしていて、これまた非常に心地よいヒトトキだった。

レコードが流れる際の、その店のアンビエンスって凄く不思議で、別に立地的環境がいいわけでも、音響設備がいいわけでもなかった移転前の Hi-Fiレコード(JR線路脇の木造二階)とか、改装前の Boys Town Cafe 等、同じディスクでも全然違う鳴り方をしていたなぁ、とふと思い出したり・・

広告を非表示にする