日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

今日のBGM


Sweet Dreams for fishmans / Fishmans Tribute from SUZAK MUSIK


id:doy さんのレビュー読むまでは、正直このアルバムを買う気がなかったのだけど、それは最近のフリッパーズのトリビュート (最初に出たヤツね) が全然良くなくて、というのがまずあって、そういう流れで 「性懲りもなく、マタも他人の褌で商売スか、へーそうすか」 とかいう先入観があったからなのでした。でもまぁ、曽我部くん、SAKE ROCK、MICETEETH 辺りは外しは無いだろうなぁと思いなおして、購入してみたのだけど。やはり上記3組は素晴らしかった。

曽我部くんの 「Baby Blue」 は、彼の声に宿る独特なアシッド感と温かみが原曲の 【部屋に二人きり】 みたいな閉塞的な幸せ感を染み出させていてよかった。MICETEETH の 「なんていったの」 も彼ら独特の 【古きよき昭和歌謡的】 なサウダージ感がばっちりはまってて、夜更けにAMラジオから流れてきたら絶対泣くなぁ、という具合。そして SAKE ROCK の 「いかれたBABY」 は、トロピカルなアレンジのインストでのカバーなんだけど、ブラスで主旋律を吹くというのがこの曲にドハマリで、ちょっと場末な酒場で呑んだくれたらアルコールパワーで南国のビーチに妄想トリップするかのような不思議な酩酊感が最高なのでした。

広告を非表示にする