日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

今日のBGM


LA CASA AZUL / TAN SIMPLE COMO EL AMOR


EURO2004ポルトガル燃え尽き症候群」から無理やり離脱すべく、もう「悪い子いねーか」って感じで当方のココロに迫りくる「暗闇」なんてな輩が取り付くしまがない程に、ハッピーでラブリーな音楽をCD棚から選び出し、気付けば「くるパー」になる方向で自分を強制送還 to the 現実してみることに。で、このアルバムの「ハッピーでラブリー具合」は APPLE CRUMBLE RECORD の以下のレビューが端的なので、安易に引用しちゃまいやす(ゴメンナサイ)。。。


輝くメロディはいつだってポジティブ!ラブ、ハッピネス、フレンドシップの夢に溢れたパーフェクト・ポップな仕上がりで今回も完璧。聴いてて全てのことが幸せに思えてきちゃうこと請け合いです。

と思ったら、このバンド、スペインのバンドだったのよね。。。 スペイン > イベリア半島ポルトガル > うぅ、ルイ・コスタ まだ引退なんてスンナよぉ(咽び泣き)と連想ゲームが展開され、結局もとの木阿弥に。。。
 
助けてぇ、ストレッチマン(モハヤ意味不明)
 

広告を非表示にする