日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

バンド練習2周目


id:plagio氏とはじめたバンド*1ですが、先週の1時間ぽっきりの「初音出し」にて、なんとなく互いの演奏の得意分野が判明したので、今週はきちんと課題曲を設定して、まずは高校生のようにコピー練習。1曲目は Pale Saints をセレクトしたのだが、歌がないとあまりにも単調(2コード繰り返し)なため、どうにもダレルことが判明。そしてもう一曲は、以前取り上げた「Ride into the sun」をセレクト。こちらは延々同じコード進行ながらも「あまりにも原曲がよすぎる」ので、お互い適当にヨロヨロとメロディ奏でても、それなりな感じに仕上がる模様。

とまぁ、ここまではよかったのですが、ここでうっかり当方が JazzMaster と Fuzz なぞを持参してしまったがために、Sonic Youth をバックに流しながらのノイズ大会に*2

非常に久しぶりということもあり遠慮が入りまくりで、スタジオが揺れだすほどの爆音を出すには至らず、というか、そもそもそんな展開は予想はしていなかったので(嘘)、フィードバックコントローラとして重要なワウとトレモロアームがなくて、アンプの前でギターの向きを変えたり、ペグを目茶苦茶に回して不協和音、ぐらいしかネタがなかったのだが、やはりフィードバックは楽しいなぁ、とちょっと思ったのでした。

んが、これでは結成目的からどんどん大気圏離脱してしまうので、来週のテーマは米国極右勢力の温床な「カントリー・ミュージック」に軌道修正することで両者で合意*3。さてはて来週はどうなることやら*4
 

*1:結成の目的は「女子にもてるため」とのこと

*2:といって、ノイズを奏でていたのは当方のみ。。。

*3:もちろん格好もヒゲ&ブーツです

*4:というか、練習後の飲みで盛り上がったのがアーサー・ブラウンとか云うのも拙いぞ、拙すぎるぞ。。。

広告を非表示にする