読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

新譜100枚聴き倒れ〜第27回 The Pistolas の巻

ラブ・ザ・ダンスフロア

ラブ・ザ・ダンスフロア

正直なところ、僕は「ベースがゴキゴキ」とぶっとい音で鳴っている曲には滅法弱い、という特性があるのです。Bauhausしかり、Gang of Fourしかり、Killing joke しかり、Arctic Monkeysの昨年のアルバムしかり。で、このミニアルバムも1曲目のゴキゴキしたベースにやられて購入、しましたのです(他の曲はあんまり・・・)。しかしながら、いや本当に「ベースの音圧がめっちゃくちゃ太くて」痺れます。ディスコ・パンクとかいう括りがあるみたいですが、これは間違いなくBauhausのリズム隊を彷彿とさせる音作りです。人力でゴキゴキ/ズドズドな圧倒的な制圧サウンドを展開していたBauhausとは違って、こちらは波形編集の賜物というか、微妙にバスドラとベースのアタックを波形レベルでずらしたり、ベースやバスドラのミュートも波形で音の終わりをバッサリしたりで、隙間を作って音の干渉をうまく回避して、強烈に分離分解の高いサウンド&音圧を実現している、のかなぁとか思いますが、いいですねぇこういう音。