読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

ベースラインが印象的な NEW WAVE


NEW WAVEな時代のベースサウンドは改めて聴くと、音色やラインが非常に独創的でカッコイイです。というか、最近「新譜聴き倒れ」してる2008年な新人アーティスト達のアルバムも「この辺のニュアンス」をうまく吸収/再評価していて嬉しくなります。ということで、以前作成したベースラインが印象的な NEW WAVEというプレイリストを、可能な限りYouTubeで音源を拾って再現してみました。


全体の音像の中で立体的にメロディアスなベースといえばこの辺り


まさに「NEW WAVEらしい」ツンノメルよなメロディ指向のベースがステキです


コーラスかけたベースでメロディ弾くといえば、この辺りが最も有名


区分はパンクですが、レゲエ(ワールドミュージック)との接点がその後のNEW WAVE 時代のベースにもたらした影響は甚大かと


そして、八分弾きというロックの王道において、レゲエのハネをうまく消化したこの人のこの曲でのベースもステキです


機械ベースには決して再現不能な人力強烈ベースとして最強!


ベース音の圧倒的な音圧がスゴイです。一音一音が重く深く痺れます


ガツガツ金属的にアタッキーな音色もこの時代の特長


舌足らずでプツプツした音色もこの時代の特長


極限状態のつま先立ちでツンノメルよなリズム感もこの時代の特長