読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

新譜100枚聴き倒れ〜第95回 the tartans の巻


the tartans / cats of camerford

となると、スコシ簡単に考えても、従来の外資系大型店や専門店で顕著だった(というか六本木やクアトロWaveで顕著だった)、バイヤーの好みと人柄が透けて見える「編集コーナー」に相当するものを、音楽配信サイトに用意すればよい、のは自明なのだけど。でも、「任意の視点で編纂」し、再評価を行う「選曲という行為」に対して、対価を与えるという仕掛けがマダマダ整備されていない。選曲というか「編集」という行為は、誰も名前を与えず、評価をしないために見過ごされ、見捨てられている何者かに、視点とテーマで形を与え、無明の闇から引き上げるという意味で、音楽を創る以上に非常にクリエイティブな行為で、あったりもするのだが、そういう行為に経済的なフィードバックをする仕組みが、まだまだ音楽配信の世界では疎かだったりもする。個人的には、今年サイト閉鎖に追い込まれた Muxtape みたいなサービスが、音楽配信サイトのフロントにあって、選曲というかプレイリストを作った人に、レベニューシェアで売り上げをキックバックする仕組みがあれば、なぁと思うのだけど・・・