読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

100億円ボクならこうする〜東のエデンにベタに反応の巻

先週テレビ版が終了した「東のエデン」についてチョット書いてみたい欲が湧いてきたのです。んが、四十路目前のオッサンが格好つけて「メタメタぶった」物言いをするのも「相当惨め」な感じなので、思いっきり「ベタベタぶって」みたいと思います。

ということで、リアクションしたいのは本作品の設定である「この国(日本)を正しき方向へ導く」ために「留保付きで100億円使用する権利」を、もしもボクが受け取ったとしたら、ボクならどうする?か

ところで、その前に「このお題」をイマ端的に具現化しているのって、まさに「追加経済対策で何をすべきか」を公募という形式で民間に問うている官僚の方々のような気がするのですが、なんかそういう意味でも「イマに絶妙にシンクロした作品」なんだなぁとか、思ってしまう訳なのですた(いけないイキなり脱線した)。

で、まず金の使途である「日本を正しき方向へ導く」ですが、これは裏を返せば「現行の日本に対する問題意識を、ピンポイントかつ具体的に問うている」と思うのです。なにしろ、政府レベルでも100億円なんて、たいした成果も見えないまま、ちょっとしたプロジェクトであっという間に1年で消えてしまう訳で、ましてや「素人の個人」が使うのですからよほど焦点を絞って使途を考えないと、あっという間にゲームオーバーで、カラスの餌でお葬式されちゃいますよ根。

しかも、情報基盤による人・物・金のネットワーク化とグローバル化が顕著な「このご時世」ですから、日本国内だけで特定のイシューを凝視していても、「視野狭窄なオナニー野郎による失策」の誹りを免れ得ないし。或は、人智を超えた多様性/複雑性への戦いを放棄した挙句に「脳みそを筋肉」な塩梅で単純化して、リセットボタンよろしく「ミサイルテロ」だなんてインパクト勝負に走っても、それらは所詮「語りたい人たちが、何かを語る上でのアイコン的な事件・事故」として歴史上の目印的な役割こそすれ、容易には顕在化しない緩やかな地盤の変化の表層で、結局一過性のインパクトとして消え行くのみ、なのではないかと。

そういう意味では、ネットの空間に散在しつつ、細分化された個々の「タコツボ的なハブに、瞬間刹那的にぶら下がり、単独では意味を成さない呟きにも似たフローとしての情報を集積することでのみ繋がる、00年代的な匿名の群衆」を、実空間において一つのお題に対して「直列」させた「あの劇中のラスト」は00年代の終わりに差し掛かった「イマ」への皮肉っぽい話だなぁとか、思ったりもした。

あぁ、また脱線した。で、本線に戻って「ボクが焦点をあてたい問題は何だろう」ってトコロをもう一度考えてみると、現代社会が要求する「際限無い速度追求」と「混沌の拡散」がもたらす各種の抑圧と付随する「先送りされた恐怖」が、常軌を逸した狂気と近しい「分節され難い何か」として内発的に具現化されることなく、細分化されたタコツボを産み出す自律増殖型のシステム(もはやマーケティングですらない)の中で、平明かつ細分化された記号に回収され、消費されることへの危機感というか、なのでした。うーん、なんというか妄想が発酵することなく、細分化されたタコツボ(ハブ)や、綻びた錦の御旗が掲げる常套句に回収されてゆくことで、創造としての昇華が無期限に先送りされ(そして永遠に具現化されることがない)、その反面でそのような常套句で吸収され得ない「何か」が無明の闇として静かに積み上がってゆく、というか(あー、うまく言語化できないなぁ・・・)。

ということで、狂気と近しい「分節され難く蠢く何か」と真っ向から向き合うことなく、人々がリアクティブに状況に反応しているのみで、このまま混沌が高速にエスカレーションして、フローとしての情報がストックとしての情報を駆逐、或いはネタを生み出す人間に雲霞のごとく群れ集まり寄生し、食いつくさんとするような状況に一石を投じたい、というのがボクの問題意識であるとするならば、具体的に「ジュイス」に依頼する内容としては

次代を担う若年層向けに「全国の小学校にアイソレーションタンクを設置し、週1回高濃度の理解不能なイメージを浴びせた後に、各生徒を3時間ほどタンクに沈める時間を設ける」よう依頼するとか、だろうか(その結果、クルクルパーになってしまう人もいるかもだけど、それだと何れにしても、この先の情報消費社会ではもっとつらい目に遭う、のかもしれないなぁ、とかなんだとか)


追記だけど、東のエデンは「個別の11人」のバージョンアップ版のような印象だった。なんというか、滝沢はクゼなのだな、とか(でも、クゼのように電脳に人々を直結/直列させハブになるのではなく、滝沢は自らが「悪役」となることで炎上的にハブとなるところが、00年代的というか。あと二人とも、同じような台詞を呟いて人々に絶望している)。それと、ジュイスタチコマなのがステキ。