読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

夏、灼熱の太陽、だけど ビール 呑めない

memory

夏真っ盛り、ムシムシ&モワーット絡みつく湿気と汗、そして灼熱のアッザムリーダー、夕方にはビールでもクピクピなんてな妄想が必然的に湧き上がる昨今ですが、如何お過ごしでしょうか。ワタシはダメです。そうなんです、突然ですが「ドクターストップ」なのであります「アルコール摂取」が。

とはいえ、ここしばらく毎日暑い日が続くので「pハー欲」は高まる一方で、貯まる欲望、高まる衝動でグルグルしていたのです。とはいえ、ホントに「呑んじゃダメ」という厳然たる現実が目の前に横たわっているので「まいっか」という訳にはいかず、グルグルグルグルと回転&転回し尽くした挙句、とあるフレーズが脳裏をよぎったのです。そうなんです、ビールにおいて「アルコールなんて、飾りなんです、偉い人にはそれがわからんのですよ」というフレーズが。そうだ、それですよ、ヌなればコレですよ、ノドごしさわやか爽快感な「ノンアルコールビールだ」。

で、さっそく家路の途中のコンビニでノンアルコールビールを買い込み、家について食卓でワクワクと「pしゅー」して、さあさあデルゾderuzo「pハー、pしゅー」と高まる期待とは裏腹に、ヒトクチごくりした後に、何か異様な違和感がジワジワと脳の芯から湧き上がってくるのを感じたのであります。暫しの凝固の後、「うわー、ビールじゃないよコレ」と食卓の前で絶叫する自分を発見する次第なのであります。いや、メーカー殿もビールに似せようと懸命の努力を行ったのは判る&解るのですが、むしろその努力がかえってアダになって「コレじゃない」感が飢餓的に増す要因になってしまっている、というか。むしろ、色と泡立ちだけの再現に留め「味は別物」の方が、いさぎよく諦めがついたというか・・・

ということで、明日からはこの偽ビールをビールとして疑似体験するための方策を考えたいと思うのであります*1

  • 偽ビールにライムを浮かべてコロナ気分
  • 偽ビールにトマトジュースを交配してレッドアイ気分
  • 偽ビールに生タマゴを浮かべてオロナミンC気分
  • 偽ビールに△△して○○で××な気分

などなど

*1:というか、こんな悪あがきも含めて酒呑むの止めろよという、ココロの声がリフレイン・・・