読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

へんないきもの

funky


へんないきもの』 早川 いくを (著) ISBN:4901784501


前の職場の先輩の著書第二弾*1が出版されたとの連絡を受け、早速アマゾンで購入。内容はタイトルどおりで、とにかく初期仮面ライダー怪人*2の元ネタにでもなりそうな、奇怪な生物のオンパレードなのでノあーる。そりゃもう、カテゴリーAでアンデッドな具合なのでノあーる。そこに掲載された 「生物 of へんないきもの」 の一例は、こんな感じ。

  1. アニマル忍者武芸帳・・・オポッサム
  2. 世界のどん底で愛想を振りまく・・・センジュナマコ
  3. タマちゃんにはなれなかった・・・ボラちゃん
  4. 哀愁の枯れ葉に潜む罠・・・リーフフィッシュ
  5. 貴重なわりには名前が安い・・・コウモリダコ
  6. 実在した平面ガエル・・・コモリガエル

で、この本のナイスなところは、生き物の姿態を写真じゃなくてイラストで紹介しているところと、図鑑風の解説文を装いながら、とってもハッ茶けてる紹介文のス晴らしさ、なのでノあーる。いつものメークがのりましぇ〜ん、それは肌荒れサインかも*3。特別コラムの「タマちゃん」と「ツチノコ」の話も笑えるのでノあーる。

ちなみに試し読みはここで http://www.basilico.co.jp/publishing/901784-50-1d.html

さぁ、みんなもこの本 ISBN:4901784501 買おう、メルメルメ〜*4
 

*1:第二次大戦中の米国戦時広告のパロディ集 『黙ってオレについてこい★文句がある奴ァ爆撃だ』 ISBN:4901784196 も絶妙な翻訳具合でオススメ

*2:解説しよう、V3までのライダー怪人のコンセプトは植物と動物の合成系(例:カナリコブラ、イソギンジャガー)、動物と道具の合成系(例:ゴキブリスパイク、イカファイア)とかだったのである

*3:書いてる途中にテレビから深津絵里の声をキャッチしたので、手が勝手にキーボードを叩いてしまったのでノあーる

*4:一応販促ロビイスト活動なのでノあーる、が当方にリベートはござりませんヌ

広告を非表示にする