読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

のあぁ、クロマティに続きボーボボも全米進出だぁ!!

funky


いやぁ、オイラの時代がやってきたようだな、メホホホホ。コレで、もう君達、オイラのことを「電波君」とは言わせないぜぇ。そうだそうだ、海苔海苔オイラの時代は中央フリーウェィ、カロチン、カロチン、カロチン摂取ヌなのだぁ(意味未明)って、まぁ世界進出=すんげぇっていう直結論理もモハヤ過去の遺物なのかもしれましぇんヌがね・・・

Bobobo-bo Bo-Bobo: In this silly action series BoBoBo can talk to and understand hair. With the help of his blond hair, he is out to save the land from the Hair Patrol posse and their leader, Baldy Bald, who is forcing everyone to be bald. The action series is scheduled to air in fourth quarter.

http://www.animationinsider.net/article.php?articleID=597
 
〔Excite直訳〕
Bobobo-boボー-Bobo: この愚かな動作では、シリーズBoBoBoは髪を話して、理解することができます。 彼のブロンドの髪の助けで、彼はHair Patrol武装隊と彼らのリーダー、Baldy Baldから陸を救おうとしています。(Baldy Baldは皆がはげであることを強制しています)。 動作シリーズは第4四半期に放送する予定です。

Folks, meet Takashi Koyama. Enrolled at Cromartie High, where everybody is a delinquent, Koyama is apparently the only non-delinquent in the school. Logically, therefore, he must be the toughest in his class - by the rather twisted logic that only a really tough rabbit would lie down with lions. Thus begins a story that parodies every cliché of tough-guy anime that you've ever heard of, and some you haven't. Oh, and Freddie Mercury is in it, too.

http://www.animenewsnetwork.com/encyclopedia/anime.php?id=3102
 
〔Excite直訳〕
人々、Takashi小山と会合してください。 クロマティHighに登録されていて、小山は学校で明らかに唯一の非法律違反者です。(そこでは、みんなが法律違反者です)。 したがって、クラスで論理的に、彼は本当に固いウサギだけがライオンと共にいるかなり撚り合わせている論理で最もタフでなければなりません。 その結果、あらゆるclichと#233というのをもじる話を始めます; あなたが今までに聞いたことがあるタフな奴のアニメ、およびあなたが持っていないいくつかについて。 おお、フレディ・マーキュリーがそれにもあります。