読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常套句

2003年からホソボソと「退屈に関する思索」を亀の歩みで行う退屈研究ブログ(自称)です

新譜100枚聴き倒れ〜第10回 Wes Jones の巻



Wes Jones / Mount Analogue

昨年末、そういえばと無意識過剰に回顧していたアブストラクトヒップホップですが、なんか最近時代が一回りして、再びその手の音の次世代型がチラホラ浮上していることを最近知りました。という訳で向かったワルシャワで、アンダーグラウンド・ヒップホップの棚を眺めていて気になったのがこの一枚。フロリダのOrganikというレーベル発のアーティストらしいのですが、かなり好きな音です。90年代のアブストラクトが編集環境の貧弱さ故に「野菜のグリル」とでも言いましょうか、素材選びで勝負の「素材丸出し」な按配だったのに対し、こちらの第二世代は「煮込み野菜のシチュー」とでもいいましょうか、とにかく素材が溶けて消えるまで「グツグツ煮込んだ」とでもいうべき凝った編集をサラリと自然に行うことに力点をおいている按配。ニュースクールやアブストラクト直系なジャジーでメロウな骨格に、Mercury Program辺りの浮遊感とIDMエレクトロニカ以降の音響処理を加えた骨太サウンドに痺れました(詳細はワルシャワにて)。